確定 申告 修正 期間

Feby 8, 2020
確定 申告 修正 期間

確定 申告 修正 期間

公開日:2017/09/12 最終更新日:2020/02/28 確定申告に万一誤りがあった場合でも後から修正することは可能です。修正が必要な場合、状況によって手続きが3種類あります。

2 確定申告が期限後申告の場合は無申告加算税がかかる場合があります。 ロ 新たに納める税金は、修正申告書を提出する日が納期限となりますので、その日に納めてください。

確定申告を間違えたら修正・訂正することは可能。ミスに気づくのが申告期限前なら訂正申告、申告期限後なら修正申告もしくは更正の請求と手続き方法が違います。修正申告では加算税や延滞税などペナルティが発生することもあり、注意が必要です。

確定申告の期限内に訂正の申告ができれば、滞納税など新たな課税も生じません。しかし、申告内容の誤りに気付くタイミングや修正申告の時期によっては新たな税金が課せられることもあり、注意が必要 …

確定申告の申告期間外に訂正する場合、「修正申告」という手続きを行います。 画像引用元 修正申告の場合、追加で納める税金額に対して「 延滞税(住民税については延滞金) 」、そして税務署から指摘を受けてから修正申告をする場合は「 過少申告 ...

修正申告によって納付すべき新たな税額は、修正申告書を提出する日までに延滞税と併せて納付してください。 (修正申告ができる期間) 税務署から更正を受けるまではいつでもできますが、なるべく早く申告してください。

確定申告を再提出しました 先日、e-taxによる確定申告を完了させたゆきたんたんです。 e-taxについては、以下の記事をまとめています。 申告期限の3月14日、確定申告に誤りがあることが発覚しました。 早めに確定申告を完了させていたため、還付金は既に振り込まれています。 どのように修正 ...

年末調整で申請し忘れた控除があって修正したいなら、確定申告で還付申告するのがおすすめです。還付申告は過去5年間まで遡ることが可能、つまり5年間の猶予期間があります。既に確定申告していたなら「更正の請求」という修正方法もあります。

本日3月15日は、確定申告の提出期限です。本日中に提出できない場合、確定申告はできなくなってしまうのでしょうか。 確定申告期限を過ぎても確定申告できる 還付申告の場合は申告期限はない 確定申告書の提出は、その年の翌年2月16日から3月15日までというのが一般的な認識かと思います ...

確定申告の時効は3年、5年、7年の3パターンが存在し、時効を過ぎた税金は徴収されない。時効の起算日は確定申告期限の翌日。例えば2018年度の確定申告の起算日は2019年3月16日、3年後の時効は2022年3月15日となる。督促状が届いた場合や、裁判上の請求(差押えなど)があった場合は時効期限 …

確定 申告 修正 期間