法人 税 修正 申告 別表 5 2

Feby 8, 2020
法人 税 修正 申告 別表 5 2

法人 税 修正 申告 別表 5 2

売上計上漏れ修正申告書つくり方。当初確定申告書は必要事項以外そのままにします。まず、修正事項を別表四に記入し「所得金額又は欠損金額(48)」を算出したら、別表一(一)、第六号様式、二十号様式等税額を再計算し。修正額を別表四、別表五(一)、別表五(二)へ記入します。

法人税の別表の書き方ですが、今回は税金の納付状況の明細である別表五(二)を取り上げたいと思います。別表四や別表五(一)との連動や、仮払経理・未収経理を行った場合の処理についても解説いた …

別表五(二)に記載する納税充当金は、修正申告や更正の請求があっても、あくまで、企業会計上の勘定科目(未払法人税等、未払事業税、未収還付法人税等)に連動させる。

別表4と5-1に連動する。 法人税申告書別表5-2は特にわかりにくい別表と言われています。 管理人が社会人なりたてのころの経理部長曰く、「別表5-2を作った奴は天才だ」 上場企業にも勤めていた、超切れ者の先輩曰く、「別表5-2はわけわからん」 という ...

別表5(2)の法人税当期発生欄は中間で125,200円、確定で 125,200円となり、年間では0になります。この還付125,200円は別表5(1)の空欄に未収還付法人税とし増欄に125,200円を記載し翌期に繰り越します。

以上 法人税申告書・別表5-2の書き方 ~事業税だけ別扱い~について 書 かせていただきました。 私は税理士なしで法人税の申告を行いました。 実際にやった方法等は以下で書いています。 気になる方は↓をみてみてください。

別表5(1)には、加算の108万円相当額は社外流出しているので計上されず、減算した8万円の納税債務がマイナスの利益積立金として記載されます。なお、法人税および消費税の修正申告とは別に、当該役員給与に対する源泉所得税の追徴が行われます。

別表5(2) 期首額(前期確定分)も「損金経理」欄に記載します。納税充当金の各欄は未記入とします。 別表4: 損金算入法人税(2)及び損金算入住民税(3)の金額は、前期確定申告額+当期中間申告額になります。 別表5(1)

【税理士ドットコム】前期の確定申告書に修正箇所がみつかりましたので、修正申告書を提出します。そこで、過年度の修正申告を行う場合、別表5-2の当期発生額は修正後の額を記載するのでしょうか?少し調べてみたところ、法人税の処理の仕方で、別表5-2を訂正する場合と、修正せず当期の ...

法人税申告書・別表5-1の書き方~未納法人税等で事業税は記入不要~ 私は2017.10に1人法人を設立し 2018.11.19に税理士なしで 法人税の申告を終わらせました。. その中でも 別表4、5-1、5-2の書き方に ついては苦労しました。. この3つの別表の作成が 難しいと言われています。

法人 税 修正 申告 別表 5 2