修正 稿 意味

Feby 8, 2020
修正 稿 意味

修正 稿 意味

原稿の段階での修正、つまり推敲であれば、第0稿です。校を使うのは印刷の校正であって第2校とあったら、それは2回目の校正用(あるいは完了した)の原稿を意味します。

修正箇所が少しだけの場合に、デザイナー側の責任で修正後、校了としてokという意味です。 納期まで時間がない時も「責了でお願いします」なんてことになったりしますね。

その後やり取りしながら加筆修正していく中で第2稿、第3稿、と数字が増えていきますが、今のところ新記録は第8稿です。あ、自慢ではありません、その逆の、戒めです、はい。

推敲(すいこう)とは・・・自分の書いた文章をじっくり読み直して、おかしな所や悪い所がないかをチェックし、悪い所があれば修正していくことを意味します。 今回の記事では、この「推敲」と「校正」の違いについてと、文章を「推敲」するさいの7つのポイントについて、順に解説して ...

印刷工程において、校正はとても重要な作業です。校正をおろそかにすれば、大きな損害をもたらしてしまうこともあります。今回は、印刷会社とのやり取りをスムーズに進めるための校正用語の解説、校正のルールをご紹介します。

」という意味合いで使います。「 校了に回す 」とは、校正が全て終了したので処置をする と言うことです。 【責了】 せきりょう. 責任校了 の略で、訂正箇所が少ない時に 印刷業者に責任を持たせて修正してもらい校正を完了させる ことです。

今回は社内報の校正や編集に関わる時に知っておきたい専門用語をご紹介します。社内報をつくる過程の中で、赤字、責了、念校など、校正中にはイロイロな言葉が飛び交いますが皆さんそれぞれ意味はご存知ですか?今さら先輩には聞けないかも…という方も、たぶん知ってる!

投稿論文の査読結果が、修正後再投稿(Revise and Resubmit or R&R)となったものの、多くの場合、編集委員および査読者の修正要求は気が遠くなるほど厳しく見えたりするため、とても修正できそうにないような思いと闘いつつ、自分に鞭打って修正原稿と長い手紙を完成させる。

もうコレで修正箇所はないという状態まで校正されたものを、最後の校正という意味で、「校了」と呼んでいます。 また、校正には赤いペンを使うのが通例です。赤いインクで修正箇所を書きいれていくので、これを別称「赤字」とも呼ばれています。

次ぐ/亜ぐ(つぐ)とは。意味や解説、類語。[動ガ五(四)]《「継ぐ」と同語源》1 すぐそのあとに続く。引き続いて起こる。「不幸に―・ぐ不幸に見舞われる」「梅に―・いで桜が咲きはじめた」2 すぐその下に位する。「東京に―・ぐ大都会」「知事に―・ぐ地位」 - goo国語辞書は30万2千件 ...

修正 稿 意味